財津ガイドサービス情報
財津ガイドサービスによる河口湖の生情報を絶えず発信!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庭先の花、そして今回の放流バス。。。
20080624030814
なんの木の花か判んないけど、あんまり白い色が綺麗だったんで、つい撮ったのがこの写真。
う~ん、実に可憐な花なんだろう。
さて、今回の放流バス、思ったより難しかったよね。
特に状態が悪い訳でもなく、いやむしろ引き味も強く状態は良かったんじゃないかな。
じゃあ何故あんなに活性が低いのって思った人もいたんじゃないかな。
水温的にも、クランクやスピナーベイトなどファーストムービングルアーで釣れてもいいはずなんだけど、どうしてなん??ってね。
それは、ズバリあの体型、そうメタボに起因してるんだよね。
どういう事かと言うと、あの体型、決して餌で太っている訳じゃなく、卵、そうスポーニング状態での放流だったんだよね。
よってネスト化すると、もうそのバス達はベットから外の範囲まで出てまでルアーにアタックして来ないって言う訳。
要するに、テリトリーはネスト周辺だけって事だよね。
その証拠に、入れた日の夕方や、21日のプロアマの時はまだそんなにペアリングやネスト化してるバスの方が少なくて、元気ペアが4600gで勝ったんだけど、2人で30本位、ブラインドやオフサイトでキャストしてても釣れてたし、確かに他の人達やみーまんが最後に釣ったバスもオフサイトで釣れたんだよね。
がしかし、完全に水に馴染んだメタボン達は夜のうちに相手を見つけてはネスト化しちゃって、22日のイースタンAの時はもう殆ど適当にキャストしちゃうと中々釣れないって事に、よってたまたまフレッシュな単独のオスネストの上を上手く通過した時にタイミングで喰うといった感じだから、ボートでもオフサイトの釣りやショアーからの釣りだと、難しかったんだよね。
オレがゴンはまりしたペアリングも朝はまだ黒ネストだったけど、見てる目の前ではたいて見る見るうちに白ネストに変わって行ったもんね。
黒ネストと白ネストの事は又いつか暇があったら詳しく解説するね。
と言う事で、前回のメタボンと同じ様に、まだ暫くは湖の30cm~2m位までのショアーラインに今回のメタボンネストがあっちこっちに出来ると思うよ。
そうそう、だから前回のメタボン達は今アフターで小海などで群れで泳いで、ウィードに頭突っ込んで、エビを喰っていてるよね。
そんでもって400g~500gとスリムになってるよね。
だから今回のメタボン達も今だけメタボンって事だと思うよ。
と言う、今回の放流バスについての話でした。
おしまい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
祝!連続お立ち!!
連日、お立ちおめでとうございます!
さすが、日本一、グチコに浮いてるだけありますね。
あの、翌日のネスト化した光景はビックリしました。
私には釣れませんでしたが。。。
2008/06/24(火) 13:34:26 | URL | ぶたとうさぎ #gwRtGZsA[ 編集]
ぶたとうさぎさん、こんにちは。
どうも、有り難うです。
今日も3~4時間やって来たけで、確かに口を使いたがらなですよね。
ただ、平日なんでボチボチ釣れました。
でも、難しかったですね。
2008/06/24(火) 18:06:37 | URL | Zaitsu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。