財津ガイドサービス情報
財津ガイドサービスによる河口湖の生情報を絶えず発信!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超絶技法 午後編
20080517004627
20080517004618
午後はぶっちゃけ風も吹き始めもう持ち駒も無し。
つう事で、とりあえず流し始めるも、ホント、メタボンは何処にでもいるんだけどねー。
もう、お手上げかと思った時、極たまーに、スポーニングとは無関係ないわゆるフィーディング系のバスがフラフラとシャローを泳いでいたので、そっち系のバスに狙いをシフト。
使ったのは、エコポークとポークルアーのノーシンカー。
う~ん、後一歩までは行くんだけどねー。
結局『チュパッ』と来るのはどこからともなく湧いてくるメタボンかギル。
勿論、太田さんは合わせませんでしたけどね。
放流は釣らない、徹底してますわあ。
そこで、西川の溶岩にあった、午前中に自分が1回喰わしちゃった(勿論合わせませんでしたけどね)オスを狙う事に。
まあ、このお父さんも、お家帰って来て、あっという間に出て行ってしまう、難易度の高いバス。
そうこうしている内に、風ビューで帰ってるのかどうかも分かりずらかったので、一応自分がジグを入れて秘技投入。
一瞬で『ギラン』とうねって、次の瞬間『ジー』と喰っちゃった。
「あっ、太田さん、すみません、食べちゃいました」
「いいですよ、合わせちゃっても」
「ほんじゃ、失礼して………」
『バシャ、ポロッ』っと合わす前にミスフィッシュ。
よって、こんな写真。
ああ、もうこれまでかと思って最後に入った黒岩の手前で本日最後のミッドのオス発見。
昨日まで、気付かなかったので、こりゃあ、やっとフレッシュかあと思ったけど、残念スプーキー父さん。
写真じゃ、カメラの性能がいいから明るく見えるけど、もう偏光グラスの限界を超えて、もはやこれまでかと思ったけど、太田さん見事に任務完了です。
よって今日は45cm~46cmを3本に間違って深い所でうねって釣れたキロアップのメタボンて4本で5500gかな。
オレがバラさなきゃ船中7キロ位いったのにね。
よって、本当に今のままだと、日曜日の大会の持ち駒は有りません。
つーか、更に難易度が増した今日のバスでもやるしかないかあ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。