財津ガイドサービス情報
財津ガイドサービスによる河口湖の生情報を絶えず発信!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山梨チャプターの続き。。。
20080630194452
さてと、昨日の山梨チャプターの話しの続き。
そう、なぜサイトを断念したかって事だよね。
それは、まず第1の理由は簡単な事。
前日のヒューマンチャプターで叩かれて、口を使うバスは抜かれて殆どいなくなっちゃったって事といても、口を使わないバスばかりで、サイトを断念。
ここで考えた。
雨が降ってる、だとすると、ちょい沖側を泳いでる可能性大だよね。
もう一つ考えられるのは、シャロー側の余りのプレッシャーにバスがディープ側に落ちちゃうじゃないかと考えたんだよね。
それともう一つ、今回の放流バスがウィード好きって事。
等々これらの要素を考えた結果、答えはズバリ正解。
よって、沖にシフトした途端、2連発でキロフィッシュと700gオーバーがソッコー、『元気はぜ』のロングリーダーのDSのずる引き&ウィードに引っ掛けロングシェイクでGET!!
この2連発で確信したね。
実は、もう一つ大きな理由があったんだけど、ここでは伏せとく。
まっ、オレの周りにいた人は気が付いた人もいたと思うけどね。
つーか、お立ちではもう一つ大きな理由は喋ったけどね。
疲れたので、又後でー。
豚さんと格闘し過ぎたー。
スポンサーサイト
山チャプ、オマケ。。。
20080630065613
あり得ねー、マジあり得ねー。
それは、昨日のチャプターの釣果が9フィッシュ1オレだったって言う事。
ん!? 1オレ??
何1オレって?
それは1折れが正解。
そう、昨日のトーナメント中、DSでスタートして、調子良くポンポンと釣って、リミットメイクフィッシュを早々に釣って、意気揚々と次のキャストした途端、『ポキッ』だってさ。
えっ、ウッソー、何何何、どうなってるの、マジかよー、シャレにならんわ。
つー事で、オレのお気に入りロッドのDeeperが昇天なされました。
いや、ホント悲しいっす。
と言う、昨日の山チャプの番外編でした。
頑張るジュニア戦士たち。。。
20080629221439
20080629221436
20080629221434
まずは、高校1年生の五十嵐将実くん。
今日、人生初のトーナメントどうだったかな。
いきなりの大雨で、多分実力の何%も出せなかったと思うけど、これがトーナメント。
でも、将実くんのバスフィッシングに対しての、一生懸命な姿勢は絶対に結果として出てくるよね。
これからも、力一杯サポートしていきます。
次はなんと中学1年生の増田慈叡くん(バス持ちの写真撮り損ねちゃった)。
彼は、いつも、もくもくと釣りをする姿を、よく湖で見ます。
本当に、心底からバスフィッシングが好きなんだろうなと、見てて判るよね。
今日も、トーナメント中、実は一番気になって何回か声を掛けちゃった。
慈叡くんの純粋なひたむきさは、本当に応援したくなっちゃうよね。
最後は高校2年生の疋田星奈ちゃん。
とにかく、星奈ちゃんは釣りに対して真剣だよね。
だから、みるみるうちに腕が上達していって、本当に上手いです。
そう、この3人に共通して言える事は、心からバスフィッシングが好きって事だよね。
熱いものを感じます。
これからも本当に3人を応援して行きたいと思った、今日の山チャプでした。
あの、大雨の中、星奈ちゃん、将実くん、慈叡くんお疲れ様でした。
後最後に、3人共ぜひインターハイ予選突破してもらいたいです。
イェイ、濡れなかったぜー。。。
20080629182022
20080629182019
あっ、これがレインギアなのね。
水、弾くんだあ。
納得、納得。
さてと、今日は山梨チャプターに出て来ました。
結果は9本釣って、3750gだったかな、で準優勝。
あ~あ、バッテリー取り損ねたあ、残念、残念。
まっ、ネィティブのデカいの2発出して5キロじゃ、大人釣りに徹したオレじゃ、勝てねーっちゅうねん。
そう、今日のオレは放流だけの特化した釣りに終始しちゃった。
それは、年間タイトルを狙ってるからなんだよね。
まず、昨日の今日でチャプターやプラで連日叩かれまくりの河口湖、こりゃ放流5本釣るのだって、難しいと読み、そんだったら、なんとか5本釣れば、外さないと思ったんだよね。
よって、大人釣りに徹したって言う訳。
但し、今日の9本の内訳はサイトで2本(その内1本は放流ネスト)で、後の7本は、実は最近殆どやってなかった普通釣り。
その理由とは…………明日に続く。
まずはサクッとね。
20080628122825
ヒューチャプスタート前に、放流をサクッと釣って、後はひたすら、観察して明日に備えるって感じかな。
だって、将実くんミスがなきゃ、12~3本釣ってるし、明日はとにかくみを無くす事だよね。
今日はガイド。。。
20080628064213
今日は、明日チャプターデビューする、いつもガイドしている、五十嵐将実くんをガイド。
とは言っても、今日はヒューマンチャプターだしなあ。
困った、困った。
ツルツルーな湖面。。。
20080627142020
20080627142017
今日は8時半から1時までと、早出、早上がりの湖上人。
とにかく、今日の午前中は写真からも判るように超サイト日和なりー。
よって、出来事る限りシャローを見て来たんだけど、まあデカいバスは結構いるんだけどねー。
コイツら難しいわ。
ただ、今日フライ(稚魚を守ってるオス)の17~800と800位のオスを見つけちゃった。
だいたい、河口湖じゃフライのバスって中々見つかんないよね。
しかし、今日も顔の回りにシャレにならない位、ブンブン、ブンブン飛びやがって、もう泣きそうなんですけどー。
蒸し暑いし、虫はウザいしもう大変。
と言う事で、虫が顔の周りを飛んだり、バスがバレたり、汗ばんだり、ラズバンダリー。
って、このギャグ解る奴は、よっぽどのレッドカーペット通なりー。
NEW GEAR !!!
20080626215620
もう、この前のイースタンAの時の大雨で、全身ずぶ濡れになっちゃって、流石に新しいレインギアを買わなくちゃって事で買って来たのがこれ。
ここ2~3年、適当に安っすい奴を買って来て、適当に誤魔化して来たけど、この前の雨で身に染みたね。
で、オレ的にデザイン重視で買っちゃうもんだから、よ~く、よく考えたら、黄色ってサイトにどうなん?
そんなもん、オレの技術でなんとかしてやるー。
とは言ったものの、ホントにサイト的には大丈夫かあ。
後一つ、オレが何処にいるかすぐ判っちゃうやん。
まっ、それはいいっかあ。
と言う事で、明日から NEW GEAR 投入でーす。
ピ~インチ!!
20080626111621
車が言うこと利きません。
アクセル踏んでも、全く吹けなくて、パワーが伝わらん。
つーこって、緊急入院中。
参った、参った。
この車、不幸続きなんですけど、大丈夫かあ。
なんか、こうも続くと、ホント嫌になるよねー。
安物買いの銭失いとは、よく言ったもんだ。
こうなったら、車乗り換えたくなっちゃうよね。
オレ的には、又アメ車に乗りたいんだけど……………。
多分、早苗さんが絶対「ダメッ」って言うに違いないよな。
な~んて、真剣に思っちゃう出来事でした。
あ~あ、ふー。
おしまい。
マーキュリーオーナーズトーナメント。。。
20080625221906
前々から会長にお願いしてあった、マーキュリーオーナーズトーナメントの当日参加がOKになったよね。
今日のJB-NBCホームページで告知されてたね。
と、言う事でオレも残りのマーキュリートーナメント出ようっと。

ウッザー!!
20080625145417
おっ、中々いいバスみっけ。
『ブ~ン』
リグをキャスト。
『ブ~ン』
怒ってる、怒ってる。
『ブ~ン』
く、く、喰いそー。
『ブ~ン』
『ブ~ン』
『ブ~ン』
あ~もう、勘弁してくれ~。
頼むから、顔の周りで暴走集会すんの止めてくれ~。
特に、目と耳は許して下さい。
後、鼻の穴もホント勘弁。
って事で、お陰で冒頭の14~500gのミッドのバス、バラしちゃったじゃないかあ、もう。
再びやる気力が萎えて、退散ですわあ。
しかし、あっちこっちで釣り人が顔の前で手を振ってますわあ。
まるで、関西人よろしく『チャウ、チャウ』ってね。
いいなあ、PART2。。。
20080625041904
そう言う事で、今日のオレはまず、グラブに入る。
なんと、まだいたんだよね。
あの忌まわしい、イースタンAの時ゴンはまりしたなメタボン夫妻。
で、当然釣れませんでしたが何か。
しかし、ビックリする位、釣れんわ。
どうにか、こうにか3本釣り、サイトを止めてスモラバ+元気はぜで溶岩の2~4mをズル引いた所、今回のメタボンに過去放流が1本づつヒット。
ここで産屋ヶ崎に移動。
で、最後にロイヤルワンドに入り西川の溶岩まで流してた時、元気と合流。
「財津さん、又デッカイの釣りました」だってさ。
56cm。
もう言う事無し。
詳細は今度新しく『Z&元気カンパニー』のブログを立ち上げたので、そちらをチェックしてね、&このブログもこれから見て下さい。
『Z&元気カンパニー』の重要情報やポークルアーの改造方法なども載っけて行きますんで。
さてと、釣りの続きだけど、流石にロイヤル側はバスが多く広範囲に流して行って10本位追加して、今日はウェイト的に言うと37~800gと行った所かな。
しかし、元気56cmにいいなあ、な財津でした。
いいなあ。PART1
20080624191248
今日、4時間位、湖に出てきたんだけど、まっ、ほとんどの時間メタボン遊びだったんだけどね。
なんでかって、今日はオレの中ではリハビリみたいなもんだかね。
ただ、1時間位、産屋ヶ崎でアフターをやりに行って来たんだけどね。
その時、手招きしてオレを呼ぶ奴が、その彼はキャリルの渋谷くん。
と言う事で、43cmの綺麗な魚体のアフターネィティブを釣ったんだって。
いいなあ、いいなあ。
じゃあ、オレにも釣れるかも…………、えー、オレには、な~んにも来ないのですが、何か。
いや、いや今日のオレはリハビリフィッシングだから、ここは大人しくメタボンと戯れているのが一番。
そうそう、メタボンが大好き…………ってそんな訳ねー。
やっぱ、ネィティブ釣りて~、な財津でした。
梅雨の晴れ間………。。。
20080624142417
20080624142414
今日の河口湖は、爽やかで、とても気持ちいいー天気。
こんな日は、タックルを虫干しついでに、湖に出るに限るよね。
それにしても、写真でも分かる様に、富士山の雪、ずいぶん溶けて黒い部分が増えて、夏バージョンの富士山に変身中って感じ。
水温も、22℃と今日は水温も上がってまーす。
さて、次のプロアマとイースタンAって、もうすぐだよね。
よって、プリプラも今週と来週一杯だよね。
なんとか、ネィティブのパターンを見つけるべく、湖に出来る限り浮く予定。
でも、ポークルアーが出来上がって来たら、それどころじゃ無いかもね。
おっ、なんか向こうでオレを呼んでる人がいる。
んじゃ、又後で。
庭先の花、そして今回の放流バス。。。
20080624030814
なんの木の花か判んないけど、あんまり白い色が綺麗だったんで、つい撮ったのがこの写真。
う~ん、実に可憐な花なんだろう。
さて、今回の放流バス、思ったより難しかったよね。
特に状態が悪い訳でもなく、いやむしろ引き味も強く状態は良かったんじゃないかな。
じゃあ何故あんなに活性が低いのって思った人もいたんじゃないかな。
水温的にも、クランクやスピナーベイトなどファーストムービングルアーで釣れてもいいはずなんだけど、どうしてなん??ってね。
それは、ズバリあの体型、そうメタボに起因してるんだよね。
どういう事かと言うと、あの体型、決して餌で太っている訳じゃなく、卵、そうスポーニング状態での放流だったんだよね。
よってネスト化すると、もうそのバス達はベットから外の範囲まで出てまでルアーにアタックして来ないって言う訳。
要するに、テリトリーはネスト周辺だけって事だよね。
その証拠に、入れた日の夕方や、21日のプロアマの時はまだそんなにペアリングやネスト化してるバスの方が少なくて、元気ペアが4600gで勝ったんだけど、2人で30本位、ブラインドやオフサイトでキャストしてても釣れてたし、確かに他の人達やみーまんが最後に釣ったバスもオフサイトで釣れたんだよね。
がしかし、完全に水に馴染んだメタボン達は夜のうちに相手を見つけてはネスト化しちゃって、22日のイースタンAの時はもう殆ど適当にキャストしちゃうと中々釣れないって事に、よってたまたまフレッシュな単独のオスネストの上を上手く通過した時にタイミングで喰うといった感じだから、ボートでもオフサイトの釣りやショアーからの釣りだと、難しかったんだよね。
オレがゴンはまりしたペアリングも朝はまだ黒ネストだったけど、見てる目の前ではたいて見る見るうちに白ネストに変わって行ったもんね。
黒ネストと白ネストの事は又いつか暇があったら詳しく解説するね。
と言う事で、前回のメタボンと同じ様に、まだ暫くは湖の30cm~2m位までのショアーラインに今回のメタボンネストがあっちこっちに出来ると思うよ。
そうそう、だから前回のメタボン達は今アフターで小海などで群れで泳いで、ウィードに頭突っ込んで、エビを喰っていてるよね。
そんでもって400g~500gとスリムになってるよね。
だから今回のメタボン達も今だけメタボンって事だと思うよ。
と言う、今回の放流バスについての話でした。
おしまい。
イースタンAの続き。。。
20080623145236
えーっと、朝スタートして30分で4本釣った所までだったよね。
あの調子ならリミットメイクは時間の問題なんて思ったその時、見つけしまったんですよねー。
あの忌まわしいキロ前後のメタボ母さんとメタボ父さんを。
まさかここからこの2本に3時間以上費やすとは。
先に言っとくと、放流バスのネスト、特にペアリングはホント何を考えているのか判らんわ。
怒らない、穏やーかな性格って言うか、のんびり夫婦で、結局こっちが切れて負けるといった感じなんだよね。
なんとか、オスは5~6回、口をホント仕方なく『ハフッ』って開けるだけど、決してネィティブみたいに激怒りで突進して来て喰ってくんないんだよねー。
で、なんとかその内の2回ヒットに持ち込むも、2回共フックオフと、凹むわあー。
だって1回目喰った時なんか、オレが見た感じDSフックが上唇に巻きつくように理想的な針掛かりだったから、もうオレのもんだぜ、なんて余裕ぶっこいて、ゆっくりやり取りして、後ろのランディングネットを取りに行ったら、バシャバシャ、ポロッだって。
多分、ネットを取る時目を切った瞬間を狙って奴は跳ねやがったんだな。
で、ラインテンションが緩めば、その位置の針掛かりはバレやすいって事。
皆さんもご注意を、って言ってる場合じゃねー。
しかし、おれの目の前では市村修平くんがもっと悲惨な目に、同じバスを4回もバラして、その内の1回は鯉の滝登りよろしく、ランディングネットから飛び出して行くのを、見ちゃったなんて、とても書けません。
って書いてもうた。
その位、掛かりが浅いんだよね。
そうこうしている内に激しい雨、2匹のデカ鯉と10数匹のギルの襲撃に更に訳のわからん事に他のメタボンまで多い時は3本もそのネストに入って来て、もうそこは修羅場さながらの展開に。
父さん、鯉退治に追っかける→他のメタボンがメタボ母さんを狙ってネストに入る→父さん戻って来る→他メタボン達がそそくさと出て行く→ギルが襲撃して来る→父さん、怒って追いかけ回す→他のメタボンが入る…………とんでも無いよね。
で、勿論その合間、合間にオレの攻撃ある訳なんだよね。
よって、実は最後に釣れた1本は、その他のメタボン達が、そのよっぽどバス世界じゃ魅力的なメスにたかってた内の、寄りによって一番小さい500gが釣れちゃったって感じ。
と言う、昨日トーナメントでした。
ふー、疲れた。
おしまい。
ずぶ濡れ、後5位。。。
20080622184644
いやー、まじ疲れたーねー。
もうホントに精も根も疲れ果てたって感じかなあ。
よって、写真もこんなぐずぐず感たっぷりになっちゃった。
さて今日はもうネィティブの持ち玉が無く、はなから放ちゃんウェイトアップ作戦を敢行。
でも、結果から言うとウェイトアップもくそもきっちり5本しか釣れなかったんだよね。
朝は無風でサイトし易く、最終フライトだったのでグラブのありがたや出張桟橋側から入ったら今回の放流バスが早くもネスト化してて、朝の30分位で、サクサクっと700gから900gまでと昨日と違って割といいサイズなんじゃないって感じでこの4本で3300gといいスタートダッシュ。
使ったのはプロトタイプの『Z&元気カンパニー』のポークルアー『元気はぜ』プラス『アチック』のうさちゃんトレーラーとのコンポジットのショートDS。
と、ここまでは良かったんだけどね、あ~そこからがマジ洒落にならない位ここからの1本がこんなに苦労するとはおもわなかったね。
産みの苦しみじゃないけど、まあ最後の1本が、ある意味今回の5位になったストーリーなのかもしれないね。
そのストーリーとは…………続く
宇宙人発見!
20080622080617
昨日の夜中に俊介の車のタイヤから絶対にエイリアンが脱皮したに違いない。
プロアマ、、、オマケ。。。
20080622000454
表彰が終わって、まだ2時間位あったので、じゃあそのまま明日のプラでもすっかあ、なんて事で余計な荷物を車に片付け様なんて思ってたら、てめーのボートの縁に引っかかって、落水と言うより片足だけ着水。
そん時、なんと手に持っていたライジャケを半分水に…………。
まっ、半分だけだし見た目も大丈夫なんじゃな……『ブホッ、ブッシュー』
あ~あやっちまったー。
と言うより、正直な感想は「あっ、ちゃんと膨らむんだー」と思ったオレ。
よって、プラは強制終了で、センターフィールドにて無事修理完了。
つーか、面倒くさがりのオレは一瞬この膨らんだままのスタイルで明日出てやろうかと真剣に考えたのは秘密です。
プロアマ、その3。。。
20080621233648
20080621233646
そんなこんなで、検量してもらったんだけど、オフィシャルも意味深な笑い。
いや、オレもそのちょっと前に検量した、星奈ちゃん達が4300gを超えてたのは知ってたのんだけど、下2ケタのウェイトが判らなかったので、この時点で1位か2位かあ?なんて思ってたら、最後の最後に元気がアッサリ4600gオーバーだってさ。
で、結局1位と2位は放流バス×5本のウェイトだったのでズバリ今日の敗因は大きい放流が釣れなかった事かな。
後から、ネィティブは凄くて放流バスはねー、なんて言っている奴もいるけど、要するに、勝負は1gでも上に行った奴が偉い、そう勝ち。
そこに、放流だけやっていたらもっとウェイトなんか出せたなんて言っても、負けは負け。
それが勝負でトーナメントなんだからね、もっと潔くないとね。
よって、今日のオレらが天辺になれなかったのは、せっかく1200gと1100gのネィティブを取りながら放流でしくじった事かな。
だからお立ち台決め手になった、パートナーのみーまんが最後に釣った800g超えのメタボンがホント嬉しかったねー。
そう言う意味でも、星奈ちゃんが並み居るプロの中で、八杭で一人いいサイズのバスを釣っての2位は見事だよね。
だけど35g差負けかあ、今度の山チャプは負けたくねー。
おしまい。
プロアマ、その2。。。
20080621224728
と言う事で、橋外にもう一回勝負に行くも、どこに行ってもダメ!!
参ったなあ、と思いつつ、一の瀬のミッドのオスを最後に取りに…………、もうホントこのバスが最後の砦、ところが行ってみて愕然、風が強くて、な~んにも見えん。
よーく、見るとなんとかうっすら黒っぽい、一筋の影と言うか線が見えたのだが、このオスはスプーキーちゃんなのは判っていたので、勝負は一瞬で決めたかったので、出しちゃいました、超絶技法。
よってこの1200gのオスはほぼ瞬殺で、ゲット。
この時点で4200gオーバーに。
さてと、後は放流しかないので、再びグラブに戻るも、サッパリ釣れん(泣)
後15分を切ったその時、みーまんのロッドに異変が、で上がって来たのが800g超えのナイスキーパーで200gアップ、ありがとう。
周りからも、結構いいとこ行ったんちゃうの、なんて言われながらのウェイイン。
あ~、それなのにー。
続く
プロアマ、その1。。。
20080621215820
20080621215818
ネィティブの1200gと1100g釣ったのになぁ、放流のまともなサイズが釣れなくて、結局4435gでプロプロのペアーって事で100gマイナスで4335gで3位だってさ。
取りあえず、朝一に大石にミッドのオス2本取りに行くも、1本しか取れねーって感じ。よって、9時半で1100gが1本って流石にヤバいでしょって事でグラブに放流取りに……………、えっ、釣れんやん。
なんて、プチあせりしながらも1時間で7~8本釣り3300gでもう一回橋外に勝負に………。
続く
と言う事で。。。
20080620171419
今日、昼飯にハワイボートに行ったついでに、漁協に行ってホワイトボードに放流場所が書いてあったので、これが本当に間違いない情報で~す。
因みに、モザイクで消してある所は過去の放流場所なので全く気にしないでね。
以上ザイツ放流情報サービスでした。
放流情報、 PART4
20080620165434
はい、ど定番エリアなりー。
うじゃうじゃ、いますわあ。
今日はまだまだ水に馴染んで無いためか、喰わないバスの方が多いけど、まっ明日はボコ釣れになっちゃうんじゃないのかな。
放流情報、PART3
20080620141428
ここは、ズバリ浅川湖波前。
よって、同じ保安区域でも2ヶ所目と違ってボートからは使えないよね。
やっぱり…………。
20080620141010
う~ん、やっぱり大きいのはキロ超えてる。
放流バス、恐るべし。
放流情報、PART2
20080620133845
ここは、今回は使えないよね、但しマスターズの頃は流れた放流バスが釣れるかも、明日、明後日はまだ無理だろうね。
優勝候補発見!!
20080620113412
当然、今の河口湖の感じだと、明日釣って来そーな、山木、富樫ペアー。
って言う位、シャロー側にデカいのがウヨウヨ泳いでいるんですけど、オレには無理~。
因みに、オレの目の前で富樫くんがサミーで『ガボッ』ってヒットさせてたけど、過去放でした。
あ~、驚いた、驚いた。
「トップ入れ喰い」なんて言ってけど、だ、だ、騙されんぞー。
そうそう、放流場所全部判ったよー。
まあまあ、慌てない、慌てない、後でちゃんと全部書くから絶対に。
と言う事で、今はハワイボートで冷やしうどんをむさぼり中。
放流情報。。。
20080620084215
え~、ここに入れるんだあ。
って感じ所だよね。
写真見ればすぐ判るよね。
サイズ?
ヤバいです。
大きいのはキロ超えてそー。
又判ったらアップするので、見逃すな!
初めてのロッド。。。
20080619122424
20080619122422
20080619122419
え~、このロッドはオレが確か21年前に初めて買ったロッドなんだよねー。
いやー、懐かしいわ。
スミス社の『 Super Strike Hutley's Stick for Pencil Bait 』だって、時代を感じるよね。
このロッド、もろその当時のBASSERとか釣り雑誌の広告に影響されて買ったんだよね。
勿論、羽鳥さんの連載も何回も読んでは、このロッドにアブの太鼓リールを付けてはペンシルベイトを付けて津久井湖、相模湖、奥多摩湖に通ったもんだ。
んで、オレの中でこのタックルで釣った記憶が全く無い。
でも、その当時は多分それでも充分楽しかったんだよね。
ただ、その内にスピニングロッドを買ってsliderワームのスプリットなんかで実際にバスが釣れる様になってから、段々とコイツの出番が少なくなって来て、いつの間にか全く使わなくなったって言う訳かな。
只、引っ越しの度に要らなくなったタックルは捨ててきたのに、コイツだけはオレのバス人生の原点でもあり出発点だから手放せないんだよね。
しかし、このガングリップもう今は見かけなくなったよなあ。
今年の夏、チョコッとコイツを持って、1日トップウォータープラグと遊ぶって言うのも有りかな。
なんせ、トーナメントやガイドの釣りと違って、そこには『遊び心』や、なんなら『冒険』なんて言葉が当てはまるそんな釣りもたまにはいいよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。