財津ガイドサービス情報
財津ガイドサービスによる河口湖の生情報を絶えず発信!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バースデーケーキ。。。
20080229221803
はいっ、ケーキ!
じゃあ、オレはそこのイチゴが乗った…………って、ローソク20本は多すぎじゃね。
オレは5本でいいって言ったのにー。
早苗さんが、絶対20本じゃなきゃダメだって利きません。
もう、子供じゃないんだからあ。
光輝本人がいいって言ってるのにー。
これじゃ、火事だよ……………。
ん!
結構キレイかも。
スポンサーサイト
夕闇迫るロイヤルワンド。。。
20080229211146
今日のガイドは、おっさん、いや『お』さんを迎えての釣行でした。
いやー、難しいねえ。
詳しくは、又明日ゆっくりと報告しようっと。
でも、今日は本当に暖かくて、湖の上ではほんわかトークでマッタリとして来ましたわあ。
さあ、財津家は今からバースデーパーティーで、まずはステーキだあ。
肉、肉、にーく、っておっさんには、正直なとこ肉はキツいねえ。
ほんのちょっと前まで肉っちゃ嬉しかったのになあ。
まっ、寄る年波にはかなわないって事かあ。
それにしても、今日の夕方のロイヤルワンドは綺麗だった。
明日の河口湖は爆風予報らしいね。
さっ、肉。
5才の誕生日。。。
20080229200655
おめでとう、光輝、やっと5才かあ。
長かったなあ。
って、んな訳無いかあ。
そう息子の光輝は閏年の2月29日生まれなんだよね。
よって夏のオリンピックイヤーと一緒で4年に1回しか29日の誕生日が無いって言う訳。
よって、本当は20才の誕生日。
成人おめでとう。
さっ、酒でも酌み交わすかあ。
Kー1 シラウオ。。。
20080229112725
今日はガイドで9時から出船。
んでまず目指したのがロイヤルワンド。
なんでかって言うと、越冬バスがいるから……………、ノン、ノン。
それは、キャリルに行って、k-1シラウオカラーを買うためだったんだよね。
来て良かったよー。
もうほぼ完売だってさ。
もう一色のナイトライダーは完売だってさ。
さてさて、今日の河口湖は暖かく、春バス探しの旅でいいバスと巡り会えたらいいんだけど、こればかりは、やってみないと分かんないよね。
因みに、今日の河口湖、オレの予想に反して、まだまだ氷ががシャロー側を中心に張ってた、まっ、けどすぐ溶けるとは思うけど。
って言う位暖かい今日の河口湖です。
お気に飲み物。。。
20080228204116
最近、この粉末タイプの紅茶が好きで良く飲むんだよね。
なんでかと言うと、ちょっと前まで1日にコーヒーを何杯も飲んでたんだけど、胃が痛くなったので、この紅茶に変えたって言う訳。
これが意外にいける、アイスでもホットでも美味い。
さて、明日の河口湖は最高気温は13度だって。
心配のなのは風だけだね。
スジエビ。。。
20080228144733
あ~もう、今日はなんだかんだと、やらなきゃならない事があって、今終わったとこ。
どうすっかなあ、と思いつつボートのバッテリー交換に行って来たはいいけど、湖、結構荒れてるやん。
もう、今日は湖出るのやめとこ。
ところで、この前キャリルに行った時、ちょっと目に入って買ったのがこれ。
『ウルトラスレッジ スジエビ』
色は確かにスジエビカラーって書いてあるけど、これはシラウオカラーって言ってもいいようなカラーだよね。
さて、皆さんは今現在バスが補食活動に入っている時、どんな事を意識してルアー(ハードベイト、ソフトベイトどちらも)をセレクトしてますか。
カラー? フォルム?
まっ、だいたいはそんな所を考える人が多いかと思うんだけど、自分がかなり気にするのが、勿論、色や形も気にするけど、後『長さ』なんだよね。
だいたいバスがどこまで形を捉えているかって言うと実際の所分かんないよね。
只、オレの経験上少なくとも長さだけでも合わせてやると、いい結果が出てるんだよね。
勿論、動かし方やレンジも合わせる事も大切なのは、言わずもがなだよね。
オレが言いたいのは最低限長さだけでもも今バスが喰ってるベイトに合わせてやるといいって事かな。
よって、このウルトラスレッジはフォルムこそ小魚ちゃんだけど、カラーと長さはバッチリ、シラウオなんだよね。
よって、バスがシラウオを補食してる時このルアーはレンジさえ合ってくれれば喰われる事間違い無しって、オレは勝手に思い込んでるんだけど。
まっ、バスフィッシングなんて半分以上思い込みで成り立っているようなもんだから、軽く聞き流しちゃって構いませんから。
ノムシュンワンド?
20080227230925
いやいや、こりゃノムシュン草むらでしょ。
ここは、さかなやの桟橋群の一番黒岩ワンド側にある和マリンの先にある、いや正確に言うとあったワンドなんだよね。
で、なんでノムシュンワンドかつうと、2002年にあったその当時ワールド戦で俊介がこのちっちゃなワンドから確かウェインした半分以上のバスを釣って来たんだよね。
でそれ以来、オレが勝手にこのワンドを『ノムシュンワンド』って命名したって訳。
でもねー、これじゃ只の草むらだってーの。
今日現在、河口湖は大減水中にて鵜の島の南側なんて、あっちこっちから溶岩がこんにちはしちゃってる位、水位が低いんだよね。
さて明後日はガイドだし、明日は穏やかな天気みたいだから、春バス探しの旅にでも行ってくっか。
花芽!
20080227181238
春よ来い、早く来い♪
見つけた桜の花芽はまだまた固~い蕾でした。
今日は日本全国あちこちから、大荒れのの天気の便りが届く中、河口湖は朝こそ強い風が吹いてたけど、昼からは比較的穏やかな天気で、ちょっと歩くと汗ばむ陽気だったんだよね。
しかし、今日散策して見て分かったのは、まだまだ冬で、なかなか春は見つからなかったかなあって感じ。
だけど、オレは今の時期の暖かかったり、寒かったりで一喜一憂するこの瞬間、瞬間が大好きなんだよね。
春夏秋冬、冬は冬らしく、春は春らしい四季がある日本って本当にいいよね。
散歩。。。
20080227170139
実は、この写真を含めて、ここ4回分の画像は新しい携帯なんだけど、さすがにに515万画素なだけあって、画質が全然いいよね。
こりゃもう、カメラ付き携帯と言うより携帯付きカメラと言った方がいい位綺麗。
つう事で、ちょっと散歩に出て春探しの散策に行って来たんだ。
で、駐艇場に行って撮ったのがこれ。
今は大人しくして、ちっちゃく地べたに張り付いてるけど、こいつら、夏になる頃はまるでエイリアンの如く増殖しちゃって、ちょっと1~2ヶ月来ないと、ボートはこいつら『エイリアン草』に喰われちゃう事間違い無しって感じなんだよね。
又、こいつらの葉っぱや茎はチクチクしてホント厄介な奴らだ。
虎視眈々とオレのボートを狙ってやがる、全く困った雑草達だ。
でも、冬の中、今見ると春の息吹きが感じていいよね。
ひなたぼっこ中!
20080227122719
なんだそのすっとぼけた面は、お前いつ見ても平和そうでいいわ、リック。
リックは13年前の5月の朝、オレが仕事に行こうとした時、草むらの陰に段ボール箱が捨ててあって、そのそばに1匹、段ボール箱の中に1匹、そう捨て犬だったんだよね。
で可哀想だったのでオレが家に連れて帰ったつう訳。
1匹はうちに、もう1匹は光輝の友達の家に貰われて行ったんだよね。
でうちの子は『リック』これはその頃流行っていたアニメから子供達が付けた名前。
あのー、リックさんはメスなんですけどー…………まっいいか。
で、もう1匹もメスなのに『コロ』って、めっちゃベタな名前を付けられてやがんの。
しかし、この2匹は多分メスだから捨てられたんだろうね。
全く、ひでー話だよ。
しかし、この子達は今もとても元気です。
光輝が小学校1年、春菜が年少さんだったのが、大学2年と高校2年なんだもんな。
月日が流れるのって早いよね。
どうりで、オレの足腰が弱って、かくかくしてくる訳だ。
納得!
春を喰う!
20080226212252
いいねー。
今日の酒の肴はまずは筍とほうれん草の煮物。
正に、春う喰らう。
こんなちょっとした所からでも『春』を感じていたいんだよね。
因みに、今の9時の時点でここ河口湖は大雨で雪じゃないんだよねー。
雨って言うだけで、ちょっと嬉しくなっちゃうのってオレだけ?
その位、今年はウザい程雪が降ったて事かな。
久しぶりに聞く、屋根に打ちつける雨音がとても心地良い、春へのシンフォニーって感じがしちゃった。
今日の酒の肴はその他に海老の塩焼きと当然前にブログでも書いたけど、うるめイワシの干物の焼き物。
春を思いつつ呑む酒。
くぅー、酒が沁みるぜ。
このルアーって何?
20080226144434
このルアーは見た目の美しさに確か『タックルベリー』で買ったんだけど、一度たりとも投げた事が無いんだよね。
つうか、さっきフックを付けてみたばかり。
えーっと、情報としてはリップにまず『SUSPENDING』まっ、これは分かるよね。
次に『ROGUE』と『SMITHWICK』って刻印されてる。
どっちかが社名でどっちかが商品名だろうね。
オレって、つくづくこう言うのにはうといって言うか、はっきり言って分からん。
まず、どこの国のメーカーなの?
いずれにしても、ジャークベイトだろうから、今年はこいつも投げてみよー。
誰か知ってたら、情報下さい。
さて、さて今日は花粉症か鼻ムズムズ、くしゃみ連発で最悪だー。
オレの悲しいクラシックの思い出 その1(後編)
20080225215949
で、この試合実は初めてエコでのクラシックだったんだよね。
まだこの頃は、エコスピナーベイトなんて無い時代だからジグスピナーで釣ってた言う訳。
さすがに大量に放流されてるだけあって、いい場所に入れた奴は、凄まじい勢いで釣ってたんだよね。
特に初日1位だった深江くんは、もうボコボコに釣ってた。
なんとかオレも7本釣ったんだけど、周りと釣り分けてウェイトが並みって感じだったんだよね。
そこで、例のポイントの和マリンに移動。
予想通り、放流地点だって言うのに人っ子一人いない。
独り占めで、なんと7本全部入れ換えちゃった。
この時点でまだ10時と、いい展開。
ウェイトは4キロオーバー。
ここで放流を止め、シャローを流して一発ネイティブのビッグバス狙いにシフト。
あぁ、ここにあんに大きな落とし穴があったなんて。
なんと白須の一番インサイドを流した時、ライブウェルのポンプがボトムの枯れた葦を吸い込んで目詰まりしてるなんて、これっぽっちも気づかなかったんだよね。
だってポンプの『ウィーン』って音がしてたから、まさか水吸ってないなんて。
それから2ヶ所位移動した後、ライブウェルのフタを開けて見て『グァ~ン』。
えっ、何、何、どうしてそこの皆さん金色の目をしてプッカ~ンて浮いてるん?
流石にぶっとんだね。
そっから先は、まあ惨めなもんだよ、なんとかフレッシュウォーターをフル循環させたものの、完全デッドは免れたんだけど、結局5デッドで初日3565gで25位になっちゃった。
だって4065gだったら3位だったのにー。
2日目は魂の抜け殻になったオレが確実に河口湖に浮いてたとさ。
おしまい。
ところで、このブログから新しい携帯ですわあ。
困った事に管理者ページに入れませ~ん。
オレの悲しいクラシックの思い出 その1(前編)
20080225162249
オレは過去にJBクラシックに4回出てんだけど、どれもこれもろくな思い出が無いんだよね。
まず今回は2003年のクラシックの話。
前日プラ中に放流が入ると言う大会だった。
よってトーナメンターの性で車で追いかける派どボートで追いかける派がいた、ホント今考えてもヘンテコな大会だった。
で、オレはと言うと、ボートはボートで追っかけたんだけど、近づかず、遠目から双眼鏡でチェック。
実はこん時の放流は漁協の和船に桶かなんか置いてその中にバスを入れて網ですくって放流してたんだよね。
で、さかなや前で和船が止まり、網でバスをすくってはまいてた。
当然、メンターはそれを近くで見てて、サイズを確認したり、早速釣ろうとしたりして、遠目に見てまるで砂糖に群がるアリ状態。
で、遠くから和船を見てたら、その船は小海方面に走り出し、小海に止まってる放流車に次のバスを補給に行くのかと思ったら、なんと急に沖から旋回して和マリンの所でバスをまきだしたんだよね。
で、オレは二町ワンドの方から双眼鏡で見てたから、その動きがバッチリ判ってしまったのに、案の定くっついて回っていた車や船はまるで気が付いて無くて、完全その放流場所だけノーチェック状態だったんだよね。
こん時は、それこそ『これはもらったぞ』状態でぷら終了。
いよいよ、初日が始まった。
朝から風が、がんがん吹く天気でスタート。
まず入ったのがクラシック会場でもあり、一番放流が多かった小海前からスタート。
風か強い事もあり、ジグスピナーで試合開始。 続く。
流氷着岸!
20080224101442
今、湖に行って見たら、ヤバいわ。
体感温度的にいったら、この冬一番きついね。
だって、朝9時で多分-5度位で、風速は北西の風15m以上だから体感温度は-20度と、これはマジに下手すりゃ死ぬっちゅうねん。
さかなや桟橋が水しぶきで一面氷でコーティングされちゃってるよ。
で、この写真はさかなや横のスロープなんだけど南東向きのスロープだから北西風で流れ着いた氷が次々と折り重なって、こりゃどう見ても間違い無くオホーツク海の着岸した流氷だよ。
ここも近づこうもんなら、手前から溶岩や砂利がここも氷コーティングの刑になってて、チャレンジャーなこばちゃんは桟橋とスロープで何回もスッコロンだんだとさ。
気が付けよ。
ここはどう考えたって富士急ハイランドじゃないんだから。
それとも、チキンレース的に桟橋の上で滑って、誰が『一番ギリギリの所で止まれるか選手権』でもすっか。
って誰がやるかー。
以上、こちら現場の激寒の河口湖からのレポートの財津した。
スタジオにお返しします。
てか。
海鮮シリーズ。
20080223204128
今日の財津家はあえて肉無し、海鮮と野菜がメイン。
ほっく、ほっくのごはんに、魚はえぼ鯛、金目鯛、カレイの干物。
野菜はまずは下仁田ネギ、ニンニク、椎茸、ジャガイモ。
焼けた頃合いに醤油をたらせば、う~んやば~い、香り。
ハフハフ、味も最高。やべ、さつま揚げも出てきた、これは生姜醤油だね。
焼きニンニク、う、うめー。
こうして、財津家はニンニク臭くなって行くのでした。
今晩は焼き物祭りじゃあ。
20080223201334
本日財津家、囲炉裏亭開店。
まずは、ししゃもと海老祭りじゃあ。
ワッショイ!ワッショイ!
ドキンちゃん。
20080223151237
『TSUTAYA』に来て春菜がパッチギLOVE&PEACE見たいっつうから借りて、じゃあ見るかって事になった。
最近見た邦画でパッチギはとても良かったとオレは思う。
で、今日借りて来たのが続編。
春菜もとても好きなんだよね。
青春群像劇で涙あり、笑いありで、又この頃の沢尻エリカは今じゃ考えられん位清純な朝鮮人の女の子役をやってて只々良かったね。
とにかく続編も楽しみ。
ところで、春菜が出口の所で「ガチャガチャやらしてくれー」ってうっせー、うっせー。
まっ、こっちは蕎麦の弱味を握られてるから、「じゃあ、しょうがねーなあ」って事で買って来たのがこれ。
もう女子高生って幼稚園児や小学生と変わんないじゃんドキンちゃんって年かよ。
ところで、今ニュースで関東で春一番が吹いたんだって。
昼飯はここ!
20080223134648
財津家全員で、喰いに来ました。
そう、美味い吉田うどんの店『たけ川』に。
相変わらず、春菜は根に持っていて、「あ~あ、春はみんなだけが行った蕎麦が良かったなあ」なんていまだに『だけ』ってとこを強調してほざいてやがる。
で、結局春菜が一番がっついて喰ってやがるし、ホント君は明るくていいわ。
しかし、今日の天気無茶苦茶やん。
晴れたり、曇ったり、吹雪いたかと思ったら、又晴れに戻ったり、目まぐるし過ぎ。
当然、風は強って感じで湖も大荒れで、正に『春』と『冬』の全面戦争勃発って感じの天気になってますわあ。
ツルツルやん!
20080223084058
今朝はひっさびっさにジョギングネタ。
湖岸道路は当然雪かきがされてる訳も無く、散歩びと達とお犬様達の歩いてただ踏み固めた圧雪状態のカッチカッチやでのザ・ブングル状態。
この写真はまだいい方なんだよね。
よって走り方はジョギングって言うより、『スリアシング』ってどんな走り方だよって突っ込まれそう。
要するに摺り足って事なんだよね。
もう一つ言うなら『ビクビキング』、びくびくしながら走る事。
ホント、命懸け(大袈裟)だよ。
ザッ、ザッ、ザッ、ツルッ、ザッ、ツルッ、ザッ、ツルッ、ツルッ、って感じ。
あぶねー、あぶねー。
よってこのジョギングロードは受験生とお笑い芸人は立ち入り禁止になったとかならなかったとか。
『滑る!危険!』
ってね。
春霞みの富士山。
20080222202852
今日の河口湖はこの写真でも分かるように、春の陽射しで、冬の様に空気がくっきり、はっきりしてなくて、いかにもって感じのふんわりした『春』って感じの1日だったんだよね。
と言う事で、今日は春の陽光に誘われて、12時から4時まで湖に出て来ちゃった。
水温も高い所は4度とやっぱり上がってたんだけど、相変わらずバスはあんまりいなくて、じゃあ今日はステージングとなるエリアの4m~6mをスーパースレッジのキャロで流した所、来ちゃったよ。
えっ、なんでそのバスの写真がないかって、そんなの知るか、な~んてウソ。
ネットですくおうとしたんだけど、超まぬけな話リーダーを長くしてたもんだから、上手くすくえず、その子はジャンプ一発逃げていったとさ。
サイズは見た感じ34~5cmの7~800gとそんなに大きくはなかったけど、おじさんは一人寂しく湖上で泣いたとさ(ウソ)。
でその他に後2回バイトがあったけど、これは乗らずに、今日は終了。
只、2回あったバイトの内1回はコンコンコンコン当たって来たから、ありゃ虹っ子だね。
さて、明日は風が非常強い大荒れ、明後日は冬型に逆戻りの激寒と釣りはやめとこ。
『姫』エピソード2。。。
20080221201540
春、近いの?
今日の河口湖は高気圧に覆われて晴れた。
この高気圧が実は冬型の大陸からの高気圧じゃなくて、移動性高気圧なんだよね。
そう、これが春の始まりを予感させる高気圧だって事。
いわゆる三寒四温の始まりだよね。
よって今日の河口湖は南寄りの風が吹いたり、気温も8度位に上がったりと、昨日まであった氷は消えちゃったりと正に春のはしりって感じの1日だったかな。
しか~し、来週の火水あたりは三寒で河口湖は雪が降るかもだってさ。
まっ、こうやって徐々に春になって行くんだろうね。
さてエピソード2の話をしよう。
場所は信号下。
7月のいかにもって感じの梅雨の『ム~ン』とした朝の6時半、誰もいないポイント。
ここで、姫をリグったロッドを持ち、『ヒュッ!』っと信号下の岸壁スレスレにキャスト。
ヨシッ、決まった。
『カツン』
『グシャ、グシャグ、シャ』
あちゃー、ギリギリに投げたのに壁にぶつかってもうた。
バックラもシャレにならねー。
チクショー、めんどくせー。
えーっと、こっちのラインをこっちに引っ張って、あーイライラすんなあ…………
『ジュボッ』
ん?
えっ、えっ、えっ何?
『グゥイーン』
めちゃめちゃ、引っ張られてるー。
なんと、ポカーンと浮いていた姫を丸呑み状態で喰ったそいつは軽~く55cm越えのモンスターバス。
えーっい、バックラのまんま巻いちゃえー。
で、その直後のオレのNTTの録音では勿論そのバスは『デッドスティッキング』で釣りましたったてね。
へっへっへ、本当は『バッククラッシング』で釣ったんだけどね。
って、そんな釣法ねー。
おしまい。
ここに来て。
20080220132440
二つの意味で、『ここに来て』と言いたい。
まず一つ目の『ここに来て』は日中が暖かく穏やかな小春日和で今日も最高気温が6度とようやく、『春』って言う言葉を口に出せる感じになって来た事かな。
じゃあ二つ目の『ここに来て』は何かと言うと実は今言った事と全く逆の『冬』、そうなんとここに来て湖がガンガン凍って行ってるんだよね。
確かに、昼は暖かいんだけど、まだまだ朝晩が-8度位になってるからか、今日は昨日より氷の範囲が広がり、今、湖見てきたら、陽射しの暖かさと裏腹に湖の7割位凍ってたんだよね。
多分、朝はもっと凍ってたんだろうね。
さて、画像は『Kー1姫』なんだけど、オレが大好きなルアーの一つ。
3~4年前のトーナメントの前日プラで、この日は朝から嵐の様な雨風の中、朝の1時間で姫オンリーで10本近く釣って、ウェイトも軽~く5キロ越え(この頃は5キロは中々越えなかったよね)で、更に雨風が強くなったので、プラは早々に切り上げたんだよね。
で、トーナメント当日ピーカン無風。
頭ではパターンが変わったって分かってたんだけど、悲しいかな気が付くと姫を投げてるオレがいた。
そんな切ない思い出もあるが、鵜の西でボイル直撃40UP3連発なんて事もあったんだよね。
もう一つ思い出深いエピソードがあるんだけど、又次の機会にでも話そう、んじゃ又。
いやー、厳しかった。
20080219205641
湖波で昼飯喰って、竹杭ポイントに行ったらなんの事はない、西風で又氷が流されて来て結局ここは諦めて、もう一回、西川の溶岩帯沖に行くも、な~んにも起こらん。
んじゃあ、全く風も吹いて無いし再びサイトすっか、て言う事で白須へGO!
はい次、漕艇場。
いた、いた50UP2本発見。
く、喰いそう。
あっ、なんでここで根掛かり、クソー逃げられたあ。
ハワイ、KBH、広瀬ワンドは氷の世界。
で、この日最後はさかなや沖にて、異常無し。
今日のまとめ。
シャローは去年の同時期と比べると、異常に少ないね。
やっぱ、雪や氷の影響かなあ。
因みに、今日の時点ではシラウオは1匹もいなかった。
ディープはディープで大雪前まではオレ的には釣れてたポイントも今日は全くアタリすら無かったし、なんだかなあって感じだったんだよね。
いずれにしろ、これからはやっぱシャローのデカバス攻略でしょ。
これが、今日出た感想かなって感じですわあ。
夕景 その2
20080219170423
もう一つ、どうぞ癒されて下さい。
河口湖夕景 その1
20080219170350
どうぞ、癒されて下さい。
だめだこりゃ!
20080219134112
白須はやっと見つけた1本が氷の下でしたが何か。
ロイヤルワンドは、鯉やヘラブナの大群の中5本見つけるも、こいつら天才ですわあ。
1本だけ、喰うそぶりはしたものの、結局見切られ、後はガン無視の世界にて終了。
じゃあ、溶岩帯沖ディープならなんとかなっぺと思ったんだけど、アタリすらないんだよね。
もうお手上げですわあ。
で、今度は浅川に渡って竹杭周りを見ようなんてやって来たら、ここはまだ氷の世界じゃあ。
仕方ないので、又砕氷船を出動させて、バリバリ割ったはいいけど、当然バスはおらん。
と言う事でポイントを休めがてら、上陸して湖波で天ぷらうどんをすすってる最中ですわあ。
あ~、うめー。
バリバリバリバリ!
20080219104608
行けー!
進めー!
我が砕氷船『ブラックアイスクラッシャー』号、負けるなあ、って大袈裟?
とりあえず白須はセーフにてサイト開始。
ガッビーン!
20080219103256
大石から先、全部氷ってるやん。
おいおい、人がせっかく真面目に朝から出たらこれかよ。
ここは、砕氷船よろしく突っ込むしかないな。
因みに、大石は鯉が10匹位いただけ。
参ったなあ、もう。
マジ、凹むわ。
まっ、ここは一発突っ込んできますわ。
さあ、今日は久々にフル釣行だあ!
20080219094450
今日は、一応シャローをチェックする予定。
つうか、エンジン掛かんのかあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。