財津ガイドサービス情報
財津ガイドサービスによる河口湖の生情報を絶えず発信!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霜!
20071121112021
もう、ここ河口湖は冬モード全開だよね。
殺風景。
20071120134452
人、いねー。
河口湖閑古鳥が鳴いてますわあ。
放流地点でこれかよ、って感じ。
さっき、さかなや前の駐車場を通って来たけど、車が一台も止まって無くて、当然全てのボート屋閉店と、一昔前じゃ有り得ない光景に寂しさを感じちゃったね。
まっ、平日だから多少は少ないのは分かるけど、全くいないって言うのも、どうかと思うよなあ。
こうなったら、ウィンタートーナメント的なものでも、やりてえなあ。
そうすりゃ、もう少し人が来るのかなあ。
な~んて、思ったりして、でもいざやるとなると、大変だよね。
でも最近一つオレの事で判った事がある。
それは、根っからのトーナメント好きだって事かな。
風邪ひいてもうたあ。
20071119215419
弱り目に祟り目じゃないけど風邪ひいてもうたあ。
昨日の晩がピークで今日一日頭グラングランだったけど早めにクスリ飲んだからもう大丈夫じゃないかな。
ガイド予約受付完了
11月24日(土)のウィンターガイドのご予約承りました。
ありがとうございます
木枯らし1号
20071118193819
今日の河口湖は木枯らし1号に見舞われ、寒~い1日だったよねー。
明日の朝河口湖の最低気温は-3度だって、もうここは、冬だっつうの。
よって、おっさんは今日もぬくぬくコースを選択。
マジやばい、釣る気がおきん。
でも、そろそろモード切り替えて行くかあ。
だって、冬の河口湖は結構好き。
凛とした澄んだ空気感。
誰もいない湖で、静寂の中、宝石の様に綺麗なキズ一つ無いネィティブを釣った時は、サイズは例え小さくても、嬉しいと言うか、あのつぶらなウルウル目、たまんないよね。
よって、今週から、ガイド半額にてやります。
出船は8時から夕方4時までで(昼休憩1時間含む)1万円ポッキリにて大奉仕中。
真央ちゃ~ん。
20071117214404
かわいいねえ。
家の娘と同級生なんだで、ホント可愛いと思うよ。
しか~し、今日のパフォーマンスで、ミスして、結果1位発進なのに悔し泣きって、選手権の時のオレの方がどんだけ泣きたかったか。
な~んて、泣いてる真央ちゃんも『萌え~』なんだけどね。
オレの好きなシチュエーション、それは戦い切った後のアスリートの勝った姿は勿論の事、負けた姿にも結構オレは泣いちゃうんだよね。
さて、今テレビでは、サッカーのオリンピック最終予選のベトナム戦で若き日本代表の戦いが今始まろうとしてるけど、オシム監督が生死をさまよってる今、本当に頑張って欲しいなんて思うのはオレだろうか。
ファイト日本!
ファイト真央ちゃん!
ガイドをガイド
20071116191503
んでもって、凍える手が丁度いい感じのビミョーなシェイクを生み出したと言うか、狙ったハンプのアウトサイドにてオレがダウンショットで350gをヒット。
こん時、実はオレがフロントでエレキを踏んでたんだけど、TAに一番ベストポイントを教えたつもりだったんだけど、フロントでオレが反対側のブレークで350gを釣っちゃったもんだから、TAは勘違いしちゃって、次のキャストで、案の定ラインクロスでお祭りですわあ。
んでもって、もう一回ベストポイントを教えたTAのフットボールジグの一投目に700gがヒィーット。
なっ、言ったべ、そっちポイントの方がデカイの釣れるだってば。
なんてたって、選手権の前日プラで石塚が50upをみんなの見てる前でラインブレークした、正にこのポイントなんだよね。
その後はオレがもう1本300gを釣った所で、今日はギブ。
結局、釣れたのは4本だったけど、乗せきらないバイトが二人で10回以上あったんだけどねえ。
まっ、しょうがないか、昨日あんなに暖かかったから、なめた装備で湖に出た時点で釣り人の負けって事。
さてと、そろそろウィンター格安ガイド始めるかな。
釣れるよー、ネィティブ。
釣らせます、ネィティブ。
癒し系ネィティブ
20071116164442
放流は一切無視。
ただひたすら、ディープのネィティブ狙いにて、TAと西川の赤ブイ周りとさざなみタタミ岩の7mから10mをジグヘッドとダウンショットでチェック。
しか~し、東風が強くて寒いのなんのって、洒落にならんわ。
挙げ句のはてには、冷たい雨が降って来るは、リハビリなのに、凍死するっちゅうねん。
よって、1時間半でストップフィッシング。
で、肝心の釣果はオレが乗ってからは船中4本。
まずは赤ブイ周りのフラットでオレが4~500gのプリプリちゃんを32分の1ozのジグヘッドにてゲット。
次に、タタミ岩側に移動。
ここでオレは8分の1ozのダウンショットにチェンジ。 続く
リハビリ中!
20071116134826
今から、世界のTAとリハビリフィッシング。
つうか、寒みー。
初、ケン。はつけん。はっけ~ん。発見~。
20071115165015
ロイヤルワンドにて、初くんと、田中ケンケンが放流と戯れてたあ。
聞くところによると、1時頃の段階で船中40本位だって。
さすがに、まだ平日で放流バスは沢山残っていて、丘から見ても、飽きない程度に釣れてる感じ。
まだ今週末は、それなりに釣れるんじゃないかな。
さて、オレはと言うとどうもいけない、全く釣りたいと言う意欲が湧いて来ないんだよねー。
モチベーション上げようにも、何て言うか糸が切れた凧状態なんだよね。
ホント、来年はどうしようか、マジ悩むねー。
今のままだと、河口湖じゃ、出来る事が少なすぎて、本当につまんねー湖だよなあ。
なんとか、ならんかね。
来年はガイドに専念しようか、どうか考え中。
放流情報
20071113105450
ロイヤルワンド、白須の国友ボート前。、大石だって。
江戸前若旦那の快挙
20071112200458
チクショー、やりやがったなあ、おめでとう小出。
なんだかなあ、そのゆる~い感じで、JBメンターやってんのがいいのかなあ。
その殺気の無さに、お馬鹿なバスが初日、二日目と1本づつとは言え騙されちゃったんだろうな。
しかし、とんでもなく高級魚になったもんだよなあ。
だって、大間のマグロだったら何百キロクラスの水揚げだぜ。
で、釣り方はお立ちでラバージグのホンガリングなんて訳の分からん事言ってたけど、違うだろう、オレは知ってるぜ、『タタキ』で釣ったって、さすが去年のNBCカワハギオブざイヤーのなせる技だよな。
因みに、オレも初日、二日目、1本づつだったのになあ。
二日間持ち込みの最下位でしたがなにか。
枯れ葉よー。
20071111210323
なんだかなあ、余りにも完璧なものを作って、用意してただけに突然のルール変更に、おっさんの固い頭には、全く柔軟性が無くて、こんなにプロ戦のトーナメントでモチベーションが上がらなかったのって初めてかも。
でも、ちゃんと釣ってきてる人はいる訳で、ここは潔く負けは負け。
今回のトーナメントいろいろあったけど、4位に入った納谷プロの精神力にはある意味頭が下がるね。
プロ魂見せてもらった。
負けない心、折れない心、これって大切な事
心を折ってしまったオレはまだまだ駄目って事。
もちろん、今回の件でいろいろ思う所のある人もいると思うけど、オレが言いたい事は、プロの執念を見たって事なんだよね。
だってオレがその逆だったら、ここまで出来ただろうかって考えさせられちゃった。
実は、この試合で辞めようと思ったんだけど、まだなんか積み残してきたものがあるような気がして、もうちょっと考えてみようかな、なんて思った1日だったかな。
ノーエクスキューズ
20071110181648
完敗!
ノーコメント
やる、勝つ。
以上。
おっ、出たなディープ天狗
20071109102837
調子こいてんじゃねーぞ。
その天狗鼻、へし折ってやるうー。
俊介、焼き肉よろしこ。
プラ開始!
20071109080619
さあ、いよいよ泣いても、笑っても、今日のプラが最後。
なんとか、バックアップパターン、見つけたいよね。
黄金秋景
20071108220038
う~ん。
いいねえ、なんか良いことありそう。
いっちょ、金メダル目指して頑張りますか。
いよいよ、明後日から一年の集大成のバスプロ選手権で明日からプラなんだけど、楽しみだねー。
釣れるか、釣れないかは神のみぞ知る。
やりきる、これしかない。
その結果、上位に入れたら言う事無し。
取れたあ!
20071108163827
んで、刺さってたのが、こいつ。
まっ、一先ずはこれで一安心っと。
にしても、オレのタイヤ、溝ねー。
ヤベッ!
20071108162150
あちゃー、車の左前タイヤに釘が刺さってやがんの。
めんどくせー。
よって、今コバックにて、補修中。
因みにこの綺麗な小指は、元気の小指。
まるで白魚の様な………………………って、きしょ。
こいつ。
20071107110632
そう、これがダボハゼの正体、すなわちヌマチチブ。
大きいサイズで、8~9cm位かな。
今日のspider’sのブログの画像の中で初くんがメタルで、釣ってるのがこのヌマチチブだよね。
この子達は、栄養価が高いのか釣れてくるバスはポッチャリ系が多くて、ジャストキーパーサイズでも、300gオーバーが釣れちゃったりするんだよね。
さて、今回の選手権でこの子達がキモになるかどうか、今からちょっと楽しみ。
ダボハゼ生産工場
20071106112841
正に、マニファクチャーなんだっけ、家内生手工場、ってこんな字でいいんだっけ、だって30年以上前に習った事、覚えてる方が不思議だって。
まっ、それはともかく、老眼鏡(この場合トーナメント用の粋なシニアグラシーズと違って100均で買った正に銀縁のアレなんで)をかけて、地道にゆるゆると作ってますわあ。
この子達が選手権で火を吹いてくれるか、ホント楽しみだよね。
一応まだ決定ではないんだけど、選手権後のシーズンオフにこの『ダボちゃんシリーズ』を、このブログからのみ、販売しようかと思ってんだよね。只、エコシールを買って来ないとダメだと思うので、まだ決定事項ではありません。
因みに『アメちゃん』も考え中、こちらは、針とシリコンラバーだけなんで、エコ認定は要らないんで、要望が多ければ、考えよっかな。
今日からオフリミット
20071105190717
見ての通り。
さかなや前の駐車場は落ち葉じゅうたんでガッラ~ン。
さて、今はオフリミット中と言う事で、湖には出られないが、この数日間でどう変わっていくんだろうねえ。
水温は低下傾向、水質は上向き傾向とこの二つの傾向が進めば進む程、ネイティブは釣れるんだけど、まだどちらかと言うと釣れ出しているのはピンポイント(秋のフォールターンオーバーパターン)で、ターンオーバー明けと冬の始まりは、そのピンポイントからその周辺のフラットで釣れ出して来る、今が正にその端境期の正にビミョーな時期なんだよなあ。
この、パターンの大きな要素の一つにハゼ、そう、ここ河口湖はヌマチチブが大量にいて、水温低下と共にディープに落ちて、フラットで捕食活動するんだけど、それを狙ってバスが落ちる、それが『落ちハゼパターン』なんだよね。
まっ、水温低下と共に、当然変温動物のバスは動きが鈍くなり、泳ぎ回ってるベイトフィッシュより、遊泳力が弱いハゼの方が食べやすいって事だよね。
よって釣り方にもキモがあるんだけど、選手権前なんで、それは言えまっしぇ~ん。
昨日の朝、釣ったキロフィッシュはモロその釣り方で釣っちゃった。
とにかく選手権は、ネイティブと放流をどう組み立てて行くかが、ホント頭を悩ませるねえ。
いづれにしろ、こりゃ頭を柔らかくして、その瞬間の閃きで行くしかないでしょうって感じかな。
石塚ネタ
20071104181849
あるポイントにて。
オレ「あれっ、ロッド曲がってるし、石塚バス来たんじゃない?」
石塚「いや、カラス貝ですぅ」
オレ「あっそう、カラス貝かあ」
って、上がって来たのは、思いっ切りバスって、おいおい、普通カラス貝釣ってバスと間違えている奴はよくいるけど、バス釣ってカラス貝と間違える奴は、いないぜ。
その感覚、オレは好き。
結局その400g位のバス、バラシやがんの。
で、それから4~5分後、石塚「財津さん、来ました。で、デカイかも」
なんて振り返って見たらマジでかそう。
軽くキロアップどころか、2キロ位あるんじゃないのって見てたら、最後船べりで一気に下に突っ込まれて、フックオフ。
おい石塚、実は今のバスじゃなくて、その引きからしてメータークラスのシャコ貝なんじゃねーの。
で又、数分後「また、来ました」
って上がって来たのは、100g位のノンキー、やっぱ石塚には、そのサイズ、身の丈にあって、似合ってるぜ。
しかしネイティブ釣れ出して来たねー。
只、オレに取っては、ネイティブと放流まだどっち付かずかな。
こりゃ、前日プラが、ホント大切かな。
結局今日の釣果は、オレは午前中が全て。
午後は、ほとんど釣りをしないで、ボート上で『石塚観察会』に参加してきました。
結局オレは4本で2010gにて終了。
小海にて昼飯
20071104125836
あ~腹一杯。
カレーとうどんの定食。
結局、午前中はその後、370g、320g、220gを追加。
さて、午後は、どうしよっかな。
快晴
20071104100926
とは言っても、もう眠たくて。普通にデッキに転がって寝てますわあ。
フロントは石塚まかせ。
あ~気持ちよかあ。
いきなりの1100g
20071104083002
ダボジグにて、快進の一撃。
だる、だる。
20071104075023
二日酔いではないんだけど、ひたすら眠い。
呑んで、喰って、大騒ぎして、リフレッシュ完了。
さあ、出発。
やべ、炭火牛肉。
20071103210536
炙り醤油。
いいねえ。
マジ、ウマイは。
備長炭で、焼く焼き鳥&焼き肉最高!
扇げ、扇げ!
20071103204216
う~ん、いい感じ。
今日は囲炉裏財津亭開店。
今日の炭番長は、石塚に決定!
にしても、いい感じだねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。